トップ > 視力回復マッサージの方法

視力回復マッサージの方法

 疲れ目には目を休めるのが一番ですが、単に目を休めるだけでなく、積極的に疲労回復をして視力低下を防止するのはより効果的な方法です。眼精疲労の回復方法として、目の周辺やツボをマッサージして刺激するのもいいでしょう。

 ここでは、目の疲労回復を積極的に行うためのマッサージ、ツボ刺激についてご紹介したいと思います。

視力回復マッサージ

  1. 両手を軽く握り、人差し指だけは「カギ状」にします。つまり第一関節と第二関節は曲げたまま、第三関節は伸ばします。人差し指の第二関節を、眉毛の下の骨の出っ張りに当てます。
  2. そのまま骨の出っ張りに沿って、目頭から目尻まで軽くマッサージします。
  3. 今度は同じように目の下の骨の出っ張りに沿って、目頭から目尻に向かって軽くマッサージします。
  4. 2と3を繰り返し行います。3分ほど行うと良いでしょう。
視力回復マッサージ

眼精疲労のツボ

 眼精疲労に効果的といわれているツボは次のとおりです。

  • 晴明:左右の目の目頭よりも少し鼻よりのくぼみの部分にあります。
  • 太陽:目尻とこめかみの間にあります。ややくぼんでいる所です。
  • 魚腰:眉の少し下、目の中心にあります。
  • 四白:目の中心の真下、小鼻の横にあります。
目のツボの位置

 これらのツボに指の腹を当て、小さな円を描くように10回マッサージします。終われば反対向きの円を10回。ツボマッサージはあまり強くしすぎないようにしてください。

疲労回復の眼球体操

 体の筋肉も軽い体操を行うことで血行が良くなり疲れが回復しますが、目も同じです。眼球体操を行うことで積極的に目の疲れを回復させることができます。

 方法は、まず1,2秒間目をギュッと固く閉じ、パッと開いてまばたきをパチパチと連続10回行います。これを1セットして3セット繰り返します。

眼球体操2

 上記の眼球体操同様、まず目を1,2秒間固く閉じてから開きます。その後顔を動かさず、視線だけを右、下、左、上と、右回りにゆっくり一周させます。三周行ったら今度は反対周りに三周視線だけを動かします。数分間行ってください。


 視力回復のマッサージ、ツボ刺激、眼球体操についてご紹介しましたが、長時間のパソコンによる目の疲れ、まずは目の使いすぎに注意しましょう。

ブックマークに追加する
この記事のカテゴリーは「視力低下の予防方法」です。
関連記事

パソコンによる視力低下

 パソコンの画面を長時間見ていると視力の低下につながります。一説によると、パソコンの画面を4時間ほど連続して見ていると、弱い仮性近視の状態になるそうです。確かにパソコンのモニターを長時間見ていると目が非常に疲れますし、視力低下につながるのも間違いないでしょう。  パソコンの画面を見ている最中はまばた...

疲れ目にブルーベリー

 疲れ目の視力低下を防止するためにブルーベリーが良いとよく言われています。なぜブルーベリーが視力低下防止や眼精疲労に良いのでしょうか?その理由はブルーベリーには「アントシアニン」という物質が含まれていて、アントシアニンに次のような作用があると考えられているからです。 ・抗酸化作用 ・血行促進作用 ・...

視力回復マッサージの方法

 疲れ目には目を休めるのが一番ですが、単に目を休めるだけでなく、積極的に疲労回復をして視力低下を防止するのはより効果的な方法です。眼精疲労の回復方法として、目の周辺やツボをマッサージして刺激するのもいいでしょう。  ここでは、目の疲労回復を積極的に行うためのマッサージ、ツボ刺激についてご紹介したいと...

ドライアイと目薬

 ドライアイとは涙量の減少や涙の成分の変化によって目の表面が乾き、疲れ目や目の不快感などを引き起こす症状です。特に長時間パソコンの画面と見続けると瞬きの回数が減り、ドライアイになりやすいと言われています。また、若い人よりも中高年のほうが涙の量が減る分、ドライアイになりやすいですし、部屋が乾燥していて...